people_alt人材育成・研修セミナー

インバウンド時代のおもてなし~“世界から見た日本”異文化理解セミナー

インバウンドが増加しています。そして実は移民大国である日本。2016年は世界4位であり、海外出身の方の割合が多いのです。インバウンドのため、また日本で暮らす海外出身の方も顧客になると言えるでしょう。

「国民文化」と「日本文化」。あまり意識していないかもしれませんが、ここを改めて理解することで“おもてなし”の定義が変わります。例えば、「何がうれしいと思うか」は文化によって異なります。見ず知らずの方に微笑むということは怪しまれたり、一生懸命尽くすことが良い、という概念がない場合もあります。

本研修では、国民文化の重要性と理解を深めるフレームワークを学ぶことで、日本の特徴を強みとして活かし、多様な文化との共創から新たな価値創造につながる知見を得ることを目的とします。

subjectプログラム

・文化のインパクト

・文化の構造

・国民文化の重要性

・ホフステードの6次元モデル

・世界の文化圏と日本

※ホフステードとは、50年以上の研究の歴史を持つオランダの社会心理学者ホフステード博士の国民文化研究です。ある国で生まれ育った人々の物事の選好が、国ごとにどう異なるかを6つの次元(切り口)で表します。ホフステードの6次元モデルは、異なるやり方の背後にある、目で見ることのできない文化的価値観の違いを6次元で説明します

school講師紹介

株式会社クレーネ 代表(人財開発・組織開発コンサルタント)

宮崎百合子

<専門>
変化の時代のキャリア開発(自己成長と組織貢献)/ オーセンティックなリーダーシップ開発/ D&I組織開発/ グローバルマネジメント/ CQ(異文化インテリジェンス)

info開催概要

会場
各社・各施設
日程
1~2日間
参加料
有料
受講対象
経営者、管理者、人事担当者、観光業 / 宿泊業 / 飲食業の社員全般
※本研修は当面企業単位で実施予定です。希望される方はお気軽にご相談ください(相談無料)。
© Japan Management Association All Rights Reserved.
expand_less